不動産売却一括査定サービスを活用して、不動産売却を成功させよう!

『売主のミカタ』へようこそ!当サイトをご覧の方はこんなことを思っているのではないでしょうか?

 「不動産を売りたいけど何から始めて良いかわからない」

 「自分の持っている不動産のだいたいの金額を知りたい」

 「絶対に失敗したくない、なるべく早く、高く売りたい」

そんなあなたのために、当サイトでは不動産売却の具体的な流れと合わせて、不動産売却をする前に必要なもの、知っておきたい基礎知識(税金・減税の話)など、初心者の方が気になるポイントを「わかりやすさ」をモットーに解説しています!

また、不動産売却一括査定サービスの選び方や使い方、使用する上でのメリット・デメリットなど、「どのサービスを使えばいいかわからない」「そもそも使い方がわからない」と言う、初めて不動産を売却する人が気になるポイントを厳選して紹介しているので、きっと参考になるハズです。

あなたの大事な不動産。何が合っても絶対に失敗したくないですよね。


私達は、不動産を売りたいと思っている『売主(あなた)のミカタ』です!


あくまでも中立な立場で、あなたの不動産売却が成功するように、徹底的にサポートをさせてください!あなたの不動産売却が成功することを心から願っています!


運営者情報はこちら ▶



不動産一括査定とは?

『不動産一括査定』とは、あなたのように「マンションを売りたい」「家を売りたい」と思っている方が、インターネット上で日本全国の不動産会社にまとめて査定依頼が無料でできるサービスのことです。

不動産を売却する場合、不動産会社に仲介依頼して手続きを進めていくのが一般的です。しかし、不動産会社の数は非常に多く、査定依頼する不動産会社選びはもちろんのこと、複数の不動産会社を訪れて査定を依頼するのは時間的にも体力的にも大変なことです。

そんな時、『不動産一括査定』を使えば、そのような手間が省け、短時間で簡単に複数の不動産会社に査定依頼を出すことができます。手軽に査定価格を比較できるので、高値で売れる、優良な不動産会社を簡単に見つけることができるのです。


<一言メモ>

Q.どうして無料で利用できるの?

A.『不動産一括査定サービス』は、仲介となる不動産会社から広告費や、紹介料をもらって運営しています。そのため、不動産を売りたい売主の方は、無料で利用できるのです。本当に無料なので、安心して活用してみましょう。


不動産一括査定する前に知っておきたい基礎知識

ここでは、不動産売却にかかる費用や税金、必要な書類など、不動産一括査定をする前に知っておきたい基礎知識を紹介します。実際には、不動産会社の方が丁寧に教えてくれますが、話が進んでから「知らなかった…」では済まされないこともあります。必要に応じてチェックしてみてください!

▼不動産売却の基礎知識▼

https://urinushi-no-mikata.com/basic-knowledge/


<ピックアップ記事>

不動産売却にかかる諸費用とは?その種類と節約方法を徹底解説

https://urinushi-no-mikata.com/article/653/


不動産売却で税金はいくら支払う?確定申告の特別控除で節税

https://urinushi-no-mikata.com/article/223/


不動産売買に必要な書類の取得方法とは|期間や実費まで紹介

https://urinushi-no-mikata.com/article/8/


不動産一括査定がおすすめな人

以下のような項目に当てはまる人は、不動産一括査定サービスを活用してみましょう。

▼不動産一括査定がおすすめな人▼


      
おすすめな人
      

どうやって不動産を売ったらいいか全くわからない人

      

不動産価格の相場が全くわからない人

      

どこの不動産会社に査定依頼をすればわからない人

      

このような人は不動産一括査定を使うことをおすすめします。不動産会社の方が丁寧に教えてくれるでしょう。

反対に「知り合いが不動産会社を経営している」など、信頼できる不動産会社があれば、不動産一括査定サービスを使う必要はないでしょう。


不動産一括査定のメリット

不動産一括査定サービスのメリットは大きく4つです。

▼不動産一括査定のメリット▼

  1. 無料で複数の不動産会社に査定を依頼できる
  2. 不動産の適正価格(相場)を把握できる
  3. 信頼性の高い不動産会社と提携している
  4. 契約に至らない場合は断りやすい

それでは、1つ1つ見ていきましょう。

1:無料で複数社に査定を依頼できる

ひと昔であれば、不動産会社を自力で探して、1件1件問い合わせて、査定金額をもらって...と、かなり時間も労力もかかる作業でした。

しかし、不動産一括査定サービスを利用すれば、売約したい不動産の物件情報を入力するだけで、複数の不動産会社に一気に、しかも無料で査定依頼ができるので、手間も時間も省くことができるのです。

2:不動産の適正価格(相場)を把握できる

まず大前提として、不動産会社によって査定金額はかなり違います。そのため、1社だけに査定を出して、その金額のまま売却を出してしまうと、相場よりも安く、数百万円の損をしたり(もっと高く売れた)、反対に相場よりも高すぎて全く売れない、なんてこともあります。

その点、複数の不動産会社に査定依頼をすることで、 物件の適正価格を知ることで、相場やニーズにあった価格で販売することができ、結果として、お得に売却することができるのです。

3:信頼性の高い不動産会社と提携している

不動産一括査定サービスは、大手から地域密着型まで、全国のさまざまな不動産会社と提携しています。中には、1,000社を超える不動産会社と提携しているサービスも存在します。

一方で、どんな不動産会社も提携しているわけではなく、提携する不動産会社に対して、独自の審査基準を設けて提携しています。クレームが多い、詐欺の危険性があるなどの、悪徳業者は排除されているので、安心して利用することができるのです。

4:契約に至らない場合は断りやすい

複数の不動産会社に査定を依頼した場合、最終的には1社に絞って仲介を依頼する流れとなるので、契約しない不動産会社には断りの連絡を入れなくてはなりません。

実店舗で査定を依頼すると、対面での対応なので断りにくいかもしれませんが、不動産一括査定サービスならメールや電話で連絡できるため契約に至らない場合は断りやすいと言えるでしょう。実際に売却を始めてみると、ここをメリット感じる人は多いと思います。


不動産一括査定のデメリットや注意点は?

「家を売りたい」と考えている人にとって、不動産一括査定サービスにデメリットと言うデメリットはありません。しかし「メリットばかりで怪しい!」と気になる人もいると思いますので、サービスを使う上での知っておきたい注意点と合わせて、対策方法もご紹介します。

不動産一括査定サービスのデメリット・注意点は大きく3つです。

▼不動産一括査定のデメリット・注意点▼

  1. 不動産会社から営業電話がかかってくる可能性がある
  2. 不動産一括査定だけでは適正価格が判断しにくい
  3. 査定依頼ができるのは登録されている不動産会社のみ

1:不動産会社から営業電話がかかってくる可能性がある

査定依頼を受けた不動産会社すると、あなたと契約をして、初めて仲介手数料(売上)が手に入ることになります。そのため、なんとか契約をしようと営業電話がかかってくる可能性があるのです。不動産一括査定サービスを利用する上では仕方がないことなので、「電話がくる可能性があるんだな」くらい覚えておきましょう。

一方で、営業電話の感じ方は人それぞれですし、実際に不動産売却を進めるならば、電話営業をしてもらったほうが話が早かったりします。どうしても営業電話を受けたくない、と言う人は「机上査定」選択し、備考欄に“電話NG/メールのみOK”のように、希望する連絡手段を記載すれば、電話はかかってこないでしょう。

また、あなたの物件が築5年以内だったり、都心部の人気エリアなど、相当魅力のある(需要の高い)物件で無い限り、必死な営業電話はかかってこないので、あまり心配する必要はないかもしれません。

2:不動産一括査定だけでは適正価格が判断しにくい

不動産一括査定サービスを使うと、複数の不動産会社から査定結果が届くというメリットの裏腹に、各社があまりにもバラバラな金額を出してきて、結果的にどれを目安に適正価格を判断すれば良いのか、わからなく可能性があります。

査定結果だけでは判断ができない場合は、気になる査定結果を出してきた不動産会社に「なぜその査定結果になるのか?評価軸はなにか?」などを問い合わせてみると、査定結果が妥当かどうかが判断できるので、おすすめです。

3:査定依頼ができるのは登録されている不動産会社のみ

不動産一括査定サービスには、日本全国全ての不動産会社が参加しているわけではありません。地域密着型の街の小さな不動産会社などは、サービスに加入していない可能性があるのです。参考までに、代表的な不動産一括査定サービスの提携不動産会社数をご紹介します。

★主な不動産一括査定サービスの提携不動産会社数

  • ・イエウール → 約1,600社
  • ・イエイ → 約1,700社
  • ・リビンマッチ → 約1,400社
  • ・HOME 4U → 約1,300社
  • ・すまいValue(バリュー) → 超大手不動産会社6社

一方で、ほとんどの不動産一括査定サービスは、日本全国を査定対象エリアとしており、都心が得なサービスもあれば、田舎や地方までカバーしているサービスもあるので、自分の目的に合わせて不動産一括査定サービスを選べば心配する必要はないでしょう。


不動産一括査定サービスの選び方

現在、不動産一括査定サービスの数は50以上と多く、サービスによって特徴が異なるため、どれを利用すれば良いのか迷ってしまうでしょう。そんな時は、以下のようなポイントを押さえて選ぶと良いでしょう。

▼不動産一括査定サービスの選び方▼

  1. 不動産会社との提携数
  2. 対象エリアかどうか
  3. 同時査定依頼数
  4. サポート体制の充実度
  5. 利用者数・実績で選択する
  6. 口コミを参考にする

1:不動産会社との提携数

不動産一括査定サービス毎に提携している不動産会社の数が異なり、多い場合は1,000以上を超える不動産会社と提携しています。提携会社数が少ないと、あなたの物件を高く評価してくれる不動産会社に出会えない、つまり損をする可能性があるのです。

ただし、提携社数が多ければ良いという訳ではなく、きちんとした審査基準を設けていたり、大手から地域密着型の不動産会社まで幅広く網羅しているサイトを選択することをおすすめします。

2:対象エリアかどうか

都心部など、不動産会社が多いエリアであれば特に気にする必要はありませんが、都心から外れて地方になればなるほど、売りたい物件が査定対象エリアかどうかは非常に重要です。

査定対象エリアを絞っているサービスもあるので、売りたい物件の所在地とエリアが一致していなければ利用できないこともあるので注意しましょう。必ず対象エリアかどうかをチェックしてみてください。

3:同時査定依頼数

1,000社以上の不動産会社と提携していても、同時査定依頼数が「1」だと、時間もかかりますし、あまり参考になりませんよね。せっかく不動産一括査定サービスを利用するなら、売却金額の適正価格の知る材料となるため、同時査定依頼数は多いほうが良いでしょう。

4:サポート体制の充実度

不動産一括査定サービスごとに、サポート体制や内容に違いがあります。サービスによっては不動産の知識が豊富なスタッフが在籍し、売却にともなう悩み相談を無料で行ってくれる場合もあります。

例えば、査定を依頼した不動産会社からの勧誘を断りたい場合、サービス側が依頼主に代わって断りを入れてくれるサポートを展開しているサービスもあります。不動産を売却するにあたって不安が大きい場合は、サポート体制の充実度をベースとして不動産一括査定サービスを探すと良いでしょう。

5:利用者数・実績で選択する

不動産一括査定サービスはここ数年で一気に増えたため、サービスごとに利用者数や実績はさまざまです。そんな時には、掲載されている利用者数や実績を確認してサービスを選ぶと良いでしょう。

利用者数が少なかったり、実績の少ないサービスよりも、利用者数も多く、仲介実績が豊富なサービスの方が安心感や得られ、信頼できるのではないでしょうか?運営会社の規模や、業務内容を参考にするのも良いでしょう。

6:口コミを参考にする

不動産一括サービスを実際に利用した人の口コミを見てみると、あなたが実際に査定を出す時のイメージが湧いたり、また注意するべき内容が事前に知れるなど、参考になるかもしれません。

ただし、あくまでも口コミで、受け止め方は人それぞれです。口コミによる評判はあくまでも参考程度にとどめておくと良いでしょう。


実際に不動産一括査定サービスを利用する流れ

不動産一括査定サービスを利用する際には、ある程度の物件情報がわかれば簡単に査定を依頼できます。仲介を依頼する不動産会社を決定するまでは以下のような手順で進むため、あらかじめ把握しておくと良いでしょう。

▼不動産一括査定を利用する流れ▼

  1. 査定依頼の申し込み
  2. 依頼数に応じた物件情報の公開
  3. 査定に関わる追加情報の補足
  4. 査定額の提示と比較
  5. 仲介を依頼する不動産会社の決定

1:査定依頼の申し込み

各不動産一括査定サービスには、査定依頼申し込み専用のフォームが設けられています。指示に従って、以下のような情報を入力して査定を申し込みます。

  • 物件の所在地
  • 専有面積
  • 間取り
  • 築年数
  • 所有者との関係性
  • 査定方法(机上査定 or 訪問査定)

入力する物件情報は、物件の購入時に売り手と交わした売買契約書があれば必要事項を入力できるため、あらかじめ準備しておくとスムーズです。

2:依頼数に応じた物件情報の公開

査定依頼を申し込みする際に、サービスごとに定められた上限までの不動産会社を選択します。申し込みが完了すると、各不動産一括査定サービスの運営会社を通じて物件情報が公開される仕組みとなっています。査定依頼申し込み後は各不動産会社からの連絡を待ち、連絡があり次第随時対応していきます。

3:査定に関わる追加情報の補足

机上査定の場合、査定を依頼した不動産会社から公開した物件情報以外の情報提供を求められる可能性があります。メールや電話でその都度対応し、机上査定の結果を待ちます。

なお、机上査定と共に訪問査定を依頼した場合には、査定を依頼した不動産会社と訪問査定の日程調整を行い、訪問査定を実施します。

4:査定額の提示と比較

査定が終わり次第、各不動産会社から査定額が提示されます。査定額が提示されるまでは早くても1週間程度かかり、随時メールなどで通知されます。

立地条件や建材のグレードが点数化されており、同じ物件の査定でも不動産会社によって査定額が異なります。そのため各不動産会社から提示された査定額を比較し、相場に見合った査定額であることを確認するようにしましょう。

5:仲介を依頼する不動産会社の決定

査定額や担当者の人柄などを考慮して仲介する不動産会社を決定します。ここからは不動産会社とのやり取りがメインとなりますが、売却後のサポート体制が充実している不動産一括査定サービスもあるため、適宜利用すると良いでしょう。