不動産売却の悩みは誰に話すべきか?悩み別の相談先を紹介します

 

不動産売却に迷ったら専門家を頼ろう

不動産売却を少しでも確実に行うために、それぞれ悩みに合った相談先が存在します。基本は不動産会社に相談するのが良いですが、状況によっては相談先を変える必要性があるかも知れません。不動産会社にも選び方が存在するので、いろいろな状況を考えつつ適切な相談先を選びましょう。専門性のある難しい分野なので、得意な専門家に頼るようにしたいです。

不動産売却の悩みごとに合った相談先

相談内容 相談先
不動産の査定について知りたい 不動産会社
確定申告や税金について知りたい 税理士
登記や権利関係について知りたい 司法書士
相続した土地などの測量をしたい 土地家屋鑑定士

不動産売却に関して悩みによって相談する相手を変える必要があります。それぞれ細かく詳細を見てみましょう。

査定については不動産会社

不動産の査定について知りたい場合には、不動産会社に相談すると良いです。まずはサイトやネット上で簡易査定を行い、その中から売却を依頼できそうな不動産会社を数社選びます。特定の不動産会社が決まった場合には、その会社の担当者から訪問査定をしてもらい、いろいろな価格の交渉などをしていきます。

最近では一括査定サイトなど、一度に複数社の簡易査定が受けることができるツールもあるので、利用してみたいです。不動産の全般に関して疑問がある場合にも不動産会社が窓口で良いでしょう。不動産会社に対する報酬は基本売買契約が成立したときの仲介手数料だけです。

確定申告や税金については税理士

不動産を売却した場合には年度末の確定申告が必要になります。不動産の売却は人生で何度も行うことではないので、税理士に依頼するとスムーズにいきます。税理士に依頼した場合には案件によって異なりますが、5万~8万円程度の報酬を支払うことが必要です。

税理士については確定申告などが得意なタイプと、相続が得意なタイプの両方が居ます。ホームページで確認することができるので、不動産売却の場合には確定申告が得意な税理士を選ぶと良いでしょう。

登記や権利関係は司法書士

土地売却の際には所有権移転登記や抵当権抹消登記が必要になるケースがあります。その場合には司法書士に依頼すると手続きを簡単に進めることができます。売買契約書などの専門的な知識も豊富なので、買い手と相談して一括で依頼すると良いでしょう。

司法書士の報酬は、取り引きの金額によってかなり変わります。買い手が銀行の住宅ローンを受ける際には買い手側は必ず司法書士の手続きが必要になるケースがあるので、これは買い手側と相談して司法書士を決めても良いです。

相続した土地の測量は家屋調査士

相続した土地などは境界や広さが解らないこともあるでしょう。土地の正確な大きさを知るために土地家屋調査士に測量を依頼する必要がでてきます。隣接する土地との境界が解らない場合になどは隣家との調整も行ってくれるので、土地の広さを知りたいだけでなく、境界が不明確な場合にも利用してみましょう。

どのような項目を依頼するかによって報酬も変わりますが、2万~数十万で請け負ってくれます。後々のトラブル予防に繋がりますので、隣家との境界が不明瞭な場合には利用してみましょう。

不動産売却の相談をする不動産会社の選び方

不動産売却において一番多くの相談先になる不動産会社の選び方を見てみましょう。

会社ごとのメリットに合わせて選ぶ

不動産会社の種類 メリット
大手不動産会社 ・買い手を探しやすい

・保証などが充実している

・信頼性が高い

中小不動産会社 ・大手にない販路や物件を扱っている

・地元の情報に強い

・担当者の裁量の幅が大きいことが多い

不動産会社には大きく分けて大手と中小の2種類があり、それぞれ違ったメリットが存在します。不動産会社は規模などにとらわれることなく信用できる会社を選択することが大事なポイントです。

ただ入り口として解らない場合には、いくつかの不動産会社を回ってみて、良い対応をしてくれそうな会社を選ぶと良いでしょう。大手のところと地元の不動産会社を1社ずつは話を聞いてみるべきです。売る不動産によっては、得意不得意が存在するので、しっかりと話を聞いて、実績などを確認してから売却の相談をしましょう。

免許番号や行政処分情報の確認を行う

不動産会社が掲げている免許(宅地建物取引免許証)の()の中に記されている数字は、免許の更新回数を表しています。したがって、その()の中の数字が(1)なら4年未満の営業年数になります。5年ごとに更新し、その度に()内の数字が増えていくので、その数字が大きければ大きいほど長い年数営業している会社です。

またインターネットでは不動産会社に対する行政処分情報を公開しています。念のためその業者が過去に違反や処分を受けていないかを確認しておくことをおすすめします。したがって1度目の来店は免許番号の確認と、店内の明るさなどを見る感じで良いでしょう。

心から信頼できる担当者がいる

不動産の売却は不動産会社の特に担当者と二人三脚で行っていくものです。したがって心から信頼できる担当者がいる不動産会社を選ぶことが大事です。信頼できる担当者選びの基準としては、査定額の根拠がしっかりと説明できることや不動産に関する情報を細かくヒアリングしてくれること、こちらの状況をつぶさに聞いて最適な売却プランを提示できることなどあります。

心から信頼できて何でも不動産のことに関して相談できる担当者を見つけるとより良い売却への近道です。

不動産売却で損をしないためのポイント

不動産売却で損をしないためのポイントを取り上げてみます。

売却前は査定書をもらうようにする

口約束の営業トークに騙されないようにしましょう。見積もり査定のときに物件を取り扱いしたいためにいろいろ担当者が言うかもしれません。しかし、売却前の査定で金額を言われた時は、口約束ではなく、きちんと査定書を貰うようにしましょう。

書面に残ることで、買い手との交渉でも、値切りされることが少なくなります。ある程度は不動産会社の裁量に任せることが大事ですが、必要以上に金額を妥協する必要はありません。その場合には別の不動産会社をあたるようにすると良いです。

売却時は契約書の内容をしっかり確認する

売却時には契約書の内容をしっかりと確認するようにしましょう。不動産売却では売買代金や手付金の金額、所有権移転の方法、引き渡し時期などがトラブルになるようです。また契約違反による解除も確認しておかないといけません。瑕疵担保責任の有無や、買い手側のローンが組めなかったなどによる契約不履行もしっかりと事前に確認することが必要です。

不動産の取り引きは大きな金額になり、それによるトラブルも多岐に渡ります。可能な限り契約書に記載するようにし、不動産会社を交えながらしっかりと買い手側と確認しておくことが大事です。少しでも損をしないために金額などは綿密にしつこいぐらい確認しておくと良いでしょう。

もちろん不動産会社の担当者がしっかりしていれば、このような細かいことまで手をまわしてくれますが、契約書に関しては人任せにしない方が良いです。

入念な下調べで不動産売却を成功させよう

不動産売却を成功させるには入念な下調べをして、良い不動産会社と担当者と出会うことが大事です。いろいろな窓口があるでしょうが、いろいろな話を聞いてみて、納得できる相手を探してみましょう。主な悩みによっては不動産会社以外に相談することも必要です。

不動産会社選びについてはなるべく妥協することなく、自分でしっかりと足を運んで話を聞いて選ぶことが大事です。大きな取り引きになる不動産売却で失敗しないために確認しておくことはしっかりと確認し、入念な準備をしておきましょう。